<<   ライト療法Topへ >>



Vol.11 胃下垂を治す
 
内臓は筋肉のような弾性をもっているため、疲労すると垂れます。
 
そして、胃が疲れれば胃が下垂し、その下にある小腸が圧迫されます。
 
小腸がつぶされると、さらにその下にある大腸や、女性の場合なら子宮なども圧迫されます。
 
圧迫された内臓は正常な活動を行いにくくなるので、結局は全身的な問題となり、全身の調子の悪さや下垂につながります。
 
また、消化器の調子の悪さは横隔膜に影響を与え、横隔膜と同じ神経支配の頚周囲の筋肉を緊張させます。胃の弱い人が肩こりになることや、または肩こりが極まると吐き気になることが多いのはそのためです。

 
肝臓の熱が胃に移ると、食欲異常が起こることを<その1>でお伝えしました。
 
余分な熱を、胃の活動を活発にすることで使い切る仕組みですが、この際に食道に熱がこもると食道は開きっぱなしになります。
 
こうなると食欲が止まりません、満腹感が無くなるからです
 
結果として、消化活動をしすぎた胃は疲労し下垂して、全身的な症状を生みます。
 
これら肝臓の熱が胃に移される現象は、夜中に何かを食べたり、食欲がないのに無理やり食べたりすると起こり始めます。
無理にでも食べると、なぜか食欲が出てくることがあるのもこの仕組みです。
 
そう考えていけば、大抵の人には胃の下垂があるのだといえます。
 
<その11>の処置は、胃下垂の治療になります。治療を行う事で胃に変化が起これば慢性的な肩こりの治療にもなることでしょう。


 

補足J

前のセットで小腸まで持ち上がったので、今度は胃を持ち上げようという発想です。
 <その11>で、胃の位置が変わることから、お肌の調子も、姿勢にも変化があります。また、鼻の症状が緩和されます。

次の<その12>で、粘膜を治すという処置をお伝えします。胃などの消化器系というのは基本的に粘膜でできています。ですから、大腸、小腸、胃の調子がよければ、粘膜の調子もいいことになります。
<その11>の胃に関係する処置は、胃粘膜と鼻粘膜にも対応しています。鼻炎の症状が、このセットを行なうことで改善される可能性もあります。また免疫系の異常が考えられる場合は、<その14>のセットも関係してきます。