<<   ライト療法Topへ >>



 Vol.5 腸と腰と扁桃腺、そして下垂という概念

ライト療法の<その1>から<その4>までのセットは、身体の外枠、いわば骨格のフレームの修正のためのものです。

内臓自体が健全であったとしても、骨盤がゆがみ、肩の高さも不揃いで、顎の形(歯並びなど)も悪いならば、それらのせいで内臓の働きは規定されてしまいます。
たとえば、右肩が極端に下がっている場合なら、処置をすることで肝臓を健全にすることができても、常時下がっている右肩にその機能は抑えられてしまうことになります。

内臓が健全であっても正しく機能しないのならば、不健全と同じということです。

<その1>から<その4>のセットで、骨格のフレームのせいで抑えられていた部分が開放されることになります
 
<その5>からは段々と内臓自体を健全にする処置に移行していきます。オイルの塗布場所は、足首の上、骨盤部と腰部下部、側腹部になり、基本的に大腸を治療するセットとなります。

 東洋医学的な病理観に『同じ高さの内臓は同じ処置で治る。違いはその深さ(病状の度合い)だけ』があります。
 たとえば、大腸の病気が進行すると、今度は子宮の病気になるといった具合です。この二つの臓器は、ほぼ同じ高さにあり、治療に使用するツボもほぼ同じものなのです。

ライト療法でもこの法則はあてはまります。

<その5>の処置は『大腸の高さにある臓器全般に効果がある処置』だと、ご理解ください。
大腸には『孤立リンパ小節』が存在し、その内容は喉部の扁桃腺と同様の免疫器官です。
ですから、この処置により扁桃腺の強化、つまり免疫力の向上が期待できます。
さらに扁桃腺には自律神経の枝が入っているので、結果自律神経の働きを健全にする処置にもなります。
 
また、これらの部位は各々が緊張することによって下垂を生み、胸部(T4)や後頭部の緊張を生みだします。それは結果として全身の下垂としてあらわれます。
フレーム修正(その1〜その4)が、先に済んでいることを前提とした下垂防止処置なのだということを、ご理解ください。


 

補足D

 大腸の中には『孤立リンパ小節』という一種の扁桃腺があり、大腸にトラブルが起きるということは、その扁桃腺にトラブルが起きるということです。

すると全身の扁桃腺的な器官に影響を及ぼしてしまうので、大腸の調子が悪いとその時点で、喉が痛くなります。

つまり、大腸の調子が悪いと免疫力が落ちるのです。
さらに扁桃腺の中には自律神経の枝が入っているので、自律神経の指示で動いている内臓全般に余計なインパルスを送ることになります。

するとどうなるのか。喉の調子が悪いだけで、極端な症状だと心臓が不整脈を起こします。急性心筋梗塞の初発症状でもある『心室細動』ではなく、睡眠不足やストレスから起こるといわれる『心房細動』からの不整脈です。
心房細動という症状は、ほとんど扁桃腺を中心とした免疫系の異常が原因であると、私は考えます。
間違った情報が心臓に送られてしまうために、誤作動が生じるのです。
 
ですから、心房細動は心臓本体に問題があるわけではありません。
原因である大腸の異常を治すと、必然的に治ります。
 
大腸を治すということは、扁桃腺も治すということであり、自律神経も調整するような処置になるので、<その5>は腰痛だけではなく、自律神経失調症全般の処置になっています。
 
オイルをお尻に塗るだけで、自律神経失調症で困っている人も助かるのです。ただの腰痛用のセットにしか見えませんが、実は深い意味合いがあります。
 
『お尻が固い人は全身が悪い』ともいえます。お尻にオイルを塗ってゆるみやすい人の病状は軽いけれども、固い人の病状は軽くないということになります。
 
また、<その5>のセットのみを単体で、ある患者さんに試させてもらった際、患者さんの訴えていた痛風による痛みが瞬時に消えました。<その5>が腎臓に効果があるのか、または痛風そのものが自律神経系のトラブルによって起きるものなのか、これからの検証の材料になりそうです。